Nuclear reaction: 40Ca+124Sn Photo: Paris2013 Photo: Venice2013 Photo: Caen2014 Photo: Zakopane2015

 What's New

2023-03-28 Invited Talk
大阪大学箕面キャンパスで行われた研究会 「"大型ガンマ線分光装置で挑む核構造フロンティア (gamma24)"」において, 「Time-Dependent Microscopic Approaches for Low-Energy Heavy-Ion Reactions: Recent Progress and Discussion」という題目で, 招待講演を行いました.
2024-03-03 Invited Talk
学士会館で行われた研究会 「"低エネルギー重イオン反応と超重元素の化学"」において, 「時間依存平均場理論の現状とこれから:TDHFを超えて」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-01-24 Invited Talk
理化学研究所で行われた研究会 「"the workshop on ADvancing physics at next RI Beam factory (ADRIB24)"」において, 「Understanding Neutron Star Properties from Nucleons: Current Status and Prospects」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-09-30 News
第6回佐渡研究会「Many-body correlations in microscopic nuclear model (Sado2023)」を開催しました!
2023-09-14 Seminar
宇核連 宇宙核物理セミナーとして,「中性子星クラスト物質の微視的記述:最近の進展」 という題目で,オンラインセミナーを行いました.
2023-09-05 Invited Talk
阪大RCNPで行われた研究会 「"Microscopic approach from pair correlation to pair condensation"」において, 「Time-Dependent Superfluid Band Theory for the Inner Crust of Neutron Stars」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-08-31 News
第22回(令和5年度)東工大挑戦的研究賞を受賞しました!(研究課題名:量子多体トンネル現象を記述する微視的理論の開発) [東工大ニュース]
2023-08-28 Invited Talk
高エネルギー加速器研究機構(KEK)で行われた研究会 「"Thermal Quantum Field Theory and Its Applications"」において, 「時間依存密度汎関数法による中性子星クラスト物質の微視的記述」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-08-05 Talk
国際純粋応用物理学連合(IUPAP)による計算物理の国際会議 「CCP2023」において, 「Time-Dependent Density Functional Theory for Superfluid Dynamics in Neutron Star Crusts」という題目で, 研究発表を行いました.
2023-07-20 Invited Talk
九州大学 理論核物理研究会「現代核物理の拡がりと展望」において, 「超流動バンド理論による中性子星内殻の微視的記述」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-07-03 Invited Talk
研究会「Bridging the Gaps: Interdisciplinary Collaborations in Constraining the Physics of Finite Nuclei, Neutron Stars and Dark Matter」において, 「Time-Dependent Density Functional Theory for Superfluid Dynamics in the Inner Crust of Neutron Stars」という題目で, 招待講演を行いました.
2023-06-08 Talk
2023年6月4~9日にフランスのアヴィニョンで開催された国際会議 「ARIS2023」において, 「Possible Existence of Extremely Neutron-Rich Superheavy Nuclei in Neutron Star Crusts Under a Superstrong Magnetic Field」という題目で, 研究発表を行いました.
2023-03-28 Talk
2023年3月27日~28日に沼津で開催された研究会「中性子星・超新星におけるニュートリノ・原子核物理」において, 「中性子星クラスト物質の微視的記述:最近の進展」という題目で, 研究発表を行いました.
2023-03-26 Article
論文「Determination of 1p- and 2p-stripping excitation functions for 16O+142Ce using a Recoil Mass Spectrometer」 がEuropean Physical Journal A誌に掲載されました. [R. Biswas et al., Eur. Phys. J. A 59, 60 (2023)]
2023-03-25 Talk
日本物理学会2023年春季大会のシンポジウム「中性子星クラストの理論研究:原子核物理と宇宙物理の交差点」において, 「時間依存密度汎関数法による中性子星内殻の微視的記述:超流動ダイナミクスとバンド構造効果」という題目で, 講演を行いました.
2023-03-22 Proceedings
論文「Manifestation of Pairing Modes in Nuclear Collisions」 がActa Physica Polonica B誌に掲載されました. [A. Makowski et al., Acta Phys. Pol. B 16, 4-A38 (2023)]
2023-02-17 News
本研究室の学生の卒業研究によって得られた成果に基づく論文「Possible Existence of Extremely Neutron-Rich Superheavy Nuclei in Neutron Star Crusts Under a Superstrong Magnetic Field」 がプレプリントサーバーに公開されました(K. Sekizawa and K. Kaba, arXiv:2302.07923 [nucl-th]).
2023-01-05 News
論文誌「European Physics Journal (EPJ)」において,2022年の卓越した査読者(Distinguished Referee)の一人として選出されました.
2022-12-14 News
鷗友学園女子中学高等学校において,「原子核を通して見る物理学の世界」という題目で,高校生向けの出張講義を行いました.
2022-12-08 Invited Seminar
京都大学基礎物理学研究所で開催された研究会DFT2022において,「Nuclear TDDFT: Past, Present, and Future」 という題目で,セミナーを行いました.
[講演スライド (*14.2MB*)]
2022-11-25 News
日本の原子核物理学研究HP「明日を創る若手研究者」欄にインタビュー記事が掲載されました.
2022-08-31 News
東京工業大学の原子核研究グループの紹介記事が,日本の原子核物理学研究者のコミュニティ雑誌「原子核研究」に掲載されました. [原子核研究, Vol. 67, No. 1, pp. 6-16, 2022年9月]
2022-08-10 News
東京工業大学 原子核理論研究室では,国際大学院プログラムによる留学生を募集しています.[Description
2022-08-10 Seminar
インドのルークラにある国立科学研究所において,「Microscopic Approaches for Macroscopic Phenomena of Neutron Stars」 という題目で,物理学・天文学科の大学院生向けのオンラインセミナーを行いました.
[講演スライド (*19.8MB*)]
2022-08-04 Invited Talk
RCNP研究会低エネルギー核物理と高エネルギー天文学で読み解く中性子星において, 「Time-Dependent Density Functional Theory for the Inner Crust of Neutron Stars」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*8.1MB*)]
2022-07-26 News
東京工業大学理学院物理学コースの大学院生向け講義「原子核物理学発展」の前半7講義を担当しました. 講義スライドは講義資料ページからダウンロードすることができます.
2022-06-08 Talk
2022年5月9日~6月17日に京都大学基礎物理学研究所で開催された滞在型国際研究会Mean-field and Cluster Dynamics in Nuclear Systems 2022 (MCD2022)において, 「Time-Dependent Band Theory for the Inner Crust of Neutron Stars」という題目で, 研究発表を行いました.
[講演スライド (*2.3MB*)]
2022-06-01 Invited Talk
理化学研究所で開催された国際研究会Physics of RI: Recent progress and perspectivesにおいて, 「Time-Dependent Microscopic Approaches for Heavy-Ion Multinucleon Transfer Reactions: Recent Progress」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*2.4MB*)]
2022-05-27 Invited Talk
京都大学基礎物理学研究所で開催された国際シンポジウムDevelopments of Physics of Unstable Nuclei (YKIS2022b)において, 「Recent Developments in Microscopic Theories for Low-Energy Heavy-Ion Reactions: Towards Superheavy Element Synthesis」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*4.3MB*)]
2022-04-18 Article
論文「Reaction mechanism study for multinucleon transfer processes in collisions of spherical and deformed nuclei at energies near and above the Coulomb barrier: The 16O+154Sm reaction」 がPhysical Review C誌に掲載されました. [B.J. Roy et al., Phys. Rev. C 105, 044611 (2022)]
2022-03-30 Seminar
インドのアカル大学において,「A Journey Through the Wonders of Physics with Atomic Nuclei」 という題目で,物理学科の学部生向けのオンラインセミナーを行いました.
[講演スライド (*16.8MB*)]
2022-02-28 Article
2021年度原子核三者若手夏の学校の原子核パートで行った講義の講義録が,日本の原子核物理学研究者のコミュニティ雑誌「原子核研究」に掲載されました. [原子核研究, Vol. 66, Suppl. 3, pp. 5-12, 2022年1月]
2022-02-17 Invited Talk
JSPS/NRF/NSFC A3 Foresight Program "Nuclear Physics in the 21st Century" Joint Annua Meetingにおいて, 「Entrainment Effects in Neutron Stars」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*3.5MB*)]
2022-01-06 Article
論文「Rotating Quantum Turbulence in the Unitary Fermi Gas」 がPhysical Review A誌に掲載されました. [K. Hossain et al., Phys. Rev. A 105, 013304 (2022)]
2021-12-28 News
論文「Time-dependent extension of the self-consistent band theory for neutron star matter: Anti-entrainment effects in the slab phase」をarXivに投稿しました (K. Sekizawa, S. Kobayashi, and M. Matsuo, arXiv:2112.14350 [nucl-th]).
2021-12-23 Seminar
トルコのアンカラ大学において,「Exploring Quantum Many-Body Dynamics in Nuclear Systems: From Nuclei to Neutron Stars」 という題目でオンラインセミナーを行いました.
2021-12-22 Seminar
東京工業大学 理学院物理学系 冬の談話会において,「原子核物理学への招待:超重元素合成から中性子星,超流動現象まで」 という題目でオンラインセミナーを行いました.
2021-12-15 News
令和3年度 東京工業大学 理学院若手研究奨励賞を受賞しました.
2021-12-08 Seminar
近畿大学量子多体物理学研究室において,「Superfluid Dynamics in Fermionic Systems: From Unitary Fermi Gas to Nuclear Systems」 という題目でオンラインセミナーを行いました.
2021-11-19 Lectures
IUAC School on Nuclear Reactions 2021 において,「Time-Dependent Hartree-Fock Theory and Its Extensions for Low-Energy Heavy-Ion Reactions」という題目で,講義を行いました.
[講義スライド: #1, #2, #3]
2021-08-08 Lectures
2021年度原子核三者若手夏の学校 において,「時間依存密度汎関数法で探る原子核ダイナミクス: 原子核反応から超流動現象,中性子星まで」という題目で,講義を行いました.
[講義スライド: #1, #2, #3]
2021-07-26 News
東京工業大学 原子核理論研究室では,国際大学院プログラムによる留学生を募集しています.[Description
2021-07-05 Talk
ハイパフォーマンスコンピューティングに関する国際会議PASC21 Conference において,「Superfluid Dynamics in the Neutron Star Crust」 という題目で研究発表を行いました. [Webpage]
2021-06-24 Seminar
理研ストレンジネス核物理研究室において,「Dynamics of Quantized Vortices in Superfluid Fermionic Systems: From Cold Atoms to Neutron Stars」 という題目でオンラインセミナーを行いました.
2021-01-28 News
4月1日より,東京工業大学 理学院物理学系に准教授として着任することが決まりました.
2021-01-15 News
2020-12-23 Article
論文「Kinetic energy dissipation and fluctuations in strongly-damped heavy-ion collisions within the stochastic mean-field approach」 がPhysical Review C誌に掲載されました. [S. Ayik and K. Sekizawa, Phys. Rev. C 102, 064619 (2020); Outreach summary]
2020-09-29 Invited Talk
KEK理論センターオンラインミーティングにおいて, 「時間依存密度汎関数法による原子核ダイナミクスの研究:最近の進展」という題目で, 招待講演を行いました.
2020-09-28 News
論文「Kinetic energy dissipation and fluctuations in strongly-damped heavy-ion collisions within the stochastic mean-field approach」をarXivに投稿しました (S. Ayik and K. Sekizawa, arXiv:2009.11978).
2020-09-14 Talk
日本物理学会2020年秋季大会において 「時間依存バンド理論による中性子星内殻スラブ相における反エントレインメント効果」という題目で, 研究発表を行いました.
2020-08-20 Lectures
原子核物理学の国際サマースクール A3F-CNS Summer School 2020 において,「Time-Dependent Microscopic Approaches for Nuclear Dynamics: From Nuclei to Neutron Stars」という題目で,講義を行いました.
[講義スライド: #1, #2, #3, #4]
2020-07-28 Seminar
東北大学 宇宙創成物理学国際共同大学院の大学院生向けに,「Nuclear Dynamics within Time-Dependent Density Functional Theory: From Nuclei to Neutron Stars」 という題目でオンラインセミナーを行いました. [Webpage]
2020-07-27 Article
論文「Quantal diffusion approach for multinucleon transfer processes in the 58,64Ni+208Pb reactions: Toward the production of unknown neutron-rich nuclei」 がPhysical Review C誌に掲載されました. [K. Sekizawa and S. Ayik, Phys. Rev. C 102, 014620 (2020)]
2020-07-14 News
論文「Zeptosecond contact times for element Z=120 synthesis」 がPhysics Letters B誌に掲載されることが決まりました!
2020-07-07 News
ほとんど0円大学」というウェブサイトに, インタビュー記事が掲載されました.
2020-03-18 News
論文「Quantal diffusion approach for multinucleon transfer processes in the 58,64Ni+208Pb reactions: Towards the production of unknown neutron-rich nuclei」をarXivに投稿しました (K. Sekizawa and S. Ayik, arXiv:2003.07786 [nucl-th]).
2020-03-13 Article
レビュー論文「TDHF and a macroscopic aspect of low-energy nuclear reactions」が学術誌 Frontiers in Physics 誌に掲載されることが決まりました. [K. Washiyama and K. Sekizawa, Front. Phys. 8, 93 (2020)]
2019-12-26 Invited Talk
インドのラクナウ大学(Lucknow University)で開催された国際会議 SNP2019 において,「Time-Dependent Hartree-Fock Theory and Its Extensions for Low-Energy Nuclear Reactions: Recent Progress」という題目で, 招待講演を行いました.
2019-12-02 Talk
箱根で行われた超重元素に関する国際会議 SHE2019 において,「Time-Dependent Hartree-Fock Theory and Its Extensions for the Superheavy Element Synthesis」という題目で, 研究発表を行いました.
2019-11-20 Invited Talk
北京大学で開催された国際研究会 "New Generation Nuclear Density Functionals" において,「Time-Dependent Density Functional Theory and Its Extensions for Nuclear Dynamics」という題目で, 招待講演を行いました.
2019-10-12 Seminar
北京師範大学(Beijing Normal University)において,時間依存密度汎関数法による低エネルギー重イオン反応の研究の最新の進展に関するセミナーを行いました.
2019-10-11 Talk
中国科学院 理論物理研究所で行われた r-process研究の日中協力プロジェクトのサマリーミーティング において,微視的核反応理論による低エネルギー重イオン反応の研究の最新の進展に関する発表を行いました.
2019-09-28 Invited Talk
韓国釜山で開催された国際会議 QCS2019 において,「Time-Dependent Density Functional Theory for Superfluid Dynamics in the Neutron Star Crust」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*4.4MB*)]
2019-09-12 Invited Talk
オーストラリア国立大学で開催された国際会議 HIAS2019 において,「Time-Dependent Hartree-Fock Theory and Its Extensions for the Superheavy Element Synthesis」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (*3.8MB*)]
2019-09-06 News
2019年9月5-6日に佐渡島の尖閣荘において, 今年で5回目となる佐渡研究会「Sado2019」を開催しました.
2019-08-30 News
平成31年度(第6回)新潟大学 学長賞を受賞しました. [新潟大学HPニュース]
2019-07-30 Talk
スコットランド・グラスゴーで開催された 第27回原子核物理国際会議 (INPC2019) において,微視的核反応理論による多核子移行反応の研究の最新の進展に関する発表を行いました.
[講演スライド (*2.1MB*)]
2019-07-19 Seminar
京都大学において,時間依存密度汎関数法による低エネルギー原子核反応の研究の最新の進展に関するセミナーを行いました.
2019-07-19 Colloquium
京都大学において,中性子星グリッチと超流動ダイナミクスに関するコロキウムを行いました.
2019-05-22 Article
私たちの論文が,分野において重要な意義のある成果を上げた論文としてRapid CommunicationおよびEditors' Suggestionに選定され, 学術誌 Physical Review C 誌に掲載されました. [K. Sekizawa and K. Hagino, Phys. Rev. C 99, 051602(R) (2019)] [新潟大学研究推進機構HPニュース].
2019-05-20 Seminar
イタリアのジェノバ大学において,時間依存密度汎関数法による量子多体ダイナミクスの研究についてのセミナーを行いました.
[講演スライド (※8.3MB)]
2019-05-14 Invited Talk
イタリアのヴェネツィアで開催された国際会議 NSD2019 において,「Time-Dependent Hartree-Fock Theory for Multinucleon Transfer Reactions」という題目で, 招待講演を行いました.
2019-03-14 Article
日本の原子核研究者のコミュニティー雑誌『原子核研究』誌に, 新潟大学 原子核理論研究室の人物・研究室紹介記事 (PDF, 1.8MB) が掲載されました.
2019-02-18 Invited Talk
理化学研究所神戸キャンパスで開催された研究会において, 「高強度場科学の進展と原子核物理への応用」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (※2.8 MB)]
2019-02-04 Article
レビュー論文「TDHF Theory and Its Extensions for the Multinucleon Transfer Reaction: a Mini Review」が学術誌 Frontiers in Physics 誌に掲載されました. [K. Sekizawa, Front. Phys. 7, 20 (2019)]
2018-12-27 Invited Talk
京都大学基礎物理学研究所で開催された研究会において, 「低エネルギー原子核反応における非平衡過程」という題目で, 招待講演を行いました.
[講演スライド (※6 MB)]
2018-12-11 Invited Talk
筑波大学計算科学研究センターで開催された国際研究会において, 「Recent progress of nuclear dynamics studies with TDDFT」という題目で, 超流動原子核の衝突に伴うソリトン的励起についての研究発表を行いました.
[講演スライド (※2.5MB)]
2018-12-06 Invited Talk
大宮ソニックシティで開催された国際会議NN2018 Conferenceにおいて, 「Time-Dependent Density Functional Theory for Low-Energy Nuclear Reactions: Recent Progress」という題目で, 私たちの研究成果のレビューを行いました.
[講演スライド (※3.4MB)]
2018-11-30 Talk
京都大学基礎物理学研究所で開催された国際研究会RANSP2018において, 「Recent progress of nuclear dynamics studies with TDDFT」という題目で, 中性子星内核における超流動中性子の渦と原子核のダイナミクスについての研究発表を行いました.
[講演スライド (※4.1MB)]
2018-11-24 Seminar
千葉工業大学新習志野キャンパスにおいて,中性子星内核における超流動ダイナミクスについてのセミナーを行いました.
[講演スライド (※6.8MB)]
2018-11-05 Invited Talk
フランスのGif-sur-Yvetteで開催されたSSNET'18 Conferenceにおいて, 「Recent progress of nuclear dynamics studies with TDDFT」という題目で, 私たちの研究成果のレビューを行いました.
2018-11-02 Invited Talk and Posters
品川のTHE GRAND HALLで開催された第5回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会において, 優秀成果賞受賞講演を行いました.また,2つの研究課題のポスター発表を行いました.
2018-10-27 Talk
ハワイ島コナで開催された第5回日米物理学会 合同核物理分科会"HAW18"において, 「One-Body Fluctuation Mechanism in Deep-Inelastic Reactions」という題目で, 研究成果の発表を行いました.
2018-10-23 Invited Talk
ハワイ島コナで開催された第5回日米物理学会 合同核物理分科会"HAW18"の大規模並列計算に関するワークショップにおいて, 「Nuclear Superfluid Dynamics within TDSLDA」という題目で, 私たちのの研究成果のレビューを行いました.
2018-10-16 Poster
筑波大学計算科学研究センターで行われた国際シンポジウムにおいて, 「Macroscopic Radial and Tangential Friction from Microscopic Mean-Field Dynamics」という題目で, 研究成果のポスター発表を行いました.(Poster, 2 MB)
2018-08-20 Talk
私たちが佐渡島で開催した研究会 "Sado2018" において,「Towards Synthesis of the Heaviest Element: What's Next and How?」という題目で, 研究成果の発表を行いました.
2018-08-10 Outreach
新潟大学のオープンキャンパスで, 「原子核を通して見る物理学の世界」という題目で,高校生向けの模擬授業を行いました.
2018-07-31 Invited Talk
九州大学で開催された研究会「超重元素研究の新展開」において, 「準核分裂ダイナミクスのTDHF計算」という題目で, 研究成果の発表を行いました.
2018-07-18 News
私たちのHPCIシステム利用研究課題「不安定核生成の予言へ向けた時間依存密度汎関数法の拡張とその応用」 (hp170007) が,優秀成果賞に選定されました. 11月2日(金)に開催される第5回成果報告会において受賞講演を行う予定です [新潟大学研究推進機構HPニュース].
2018-06-22 Article
論文「Suppressed Solitonic Cascade in Spin-Imbalanced Superfluid Fermi Gas」が学術誌 Physical Review Letters 誌に掲載されました [G. Wlazłowski, K. Sekizawa, M. Marchwiany, and P. Magierski, Phys. Rev. Lett. 120, 253002 (2018)] [新潟大学研究推進機構HPニュース].
2018-05-28 Seminar
慶應義塾大学日吉キャンパスにおいて,超流動フェルミ粒子多体系のトポロジカル励起に関するセミナーを行いました.
[講演スライド (※8MB)]
2018-04-26 Invited Talk
東北大学で開催された研究会「Recent progress of nuclear structure and reaction theory」において, 「Recent progress of nuclear dynamics studies with TDDFT」という題目で, 研究成果の発表を行いました.
2018-03-25 Invited Talk
第73回日本物理学会年次大会において, 「時間依存密度汎関数法に基づく多核子移行反応の記述」という題目で, 中村誠太郎賞 受賞記念講演を行いました [新潟大学HPニュース]. また,受賞に至るまでの経緯についての記事が,原子核研究の3月号に掲載されました.
2018-03-07 Article
論文「Deep-inelastic multinucleon transfer processes in the 16O+27Al reaction」が学術誌 Physical Review C 誌に掲載されました [B.J. Roy et al., Phys. Rev. C 97, 034603 (2018)].
2018-03-07 Seminar
オーストラリア国立大学において 「Brief summary of my recent/future studies」という題目のインフォーマルなセミナーを行いました.
2018-02-28 Seminar
中国科学院 理論物理学研究所において 「Multinucleon Transfer and Quasifission Processes in Time-Dependent Density Functional Theory」という題目のセミナーを行いました.
2018-01-10 Article
論文「Exploring Zeptosecond Quantum Equilibration Dynamics: From Deep-Inelastic to Fusion-Fission Outcomes in 58Ni+60Ni Reactions」が学術誌 Physical Review Letters 誌に掲載されました [E. Williams, K. Sekizawa, D.J. Hinde et al., Phys. Rev. Lett. 120, 022501 (2018)].
2018-01-01 News
所属が新潟大学 研究推進機構 超域学術院に移りました.
2017-12-04 Invited Talk
理化学研究所で開催された国際シンポジウム“RI beam physics in the 21st century: 10th anniversary of RIBF”において, RIBF Users Thesis Award 2017受賞講演を行いました.
2017-12-02 Talk
理化学研究所で開催された第6回「中性子星核物質」研究会において, 「Time-Dependent Density Functional Theory for Superfluid Dynamics in the Neutron Star Crust」 という題目の講演を行いました.
2017-09-08 Seminar
筑波大学において 「Time-Dependent Density Functional Theory for Nuclear Many-Body Problem」という題目のセミナーを行いました.
2017-09-01 News
2017年度(第12回)中村誠太郎賞の受賞が決まりました.
2017-07-25 Article
論文「Novel Role of Superfluidity in Low-Energy Nuclear Reactions」が学術誌 Physical Review Letters 誌に掲載されました [P. Magierski, K. Sekizawa, and G. Wlazłowski, Phys. Rev. Lett. 119, 042501 (2017)].
2017-07-24 Article
論文「Microscopic description of production cross sections including deexcitation effects」が学術誌 Physical Review C 誌に掲載されました [K. Sekizawa, Phys. Rev. C 96, 014615 (2017)].
2017-07-19 News
RIBF Users Thesis Awards 2017の受賞が決まりました.
2017-07-13 News
論文「Deep-inelastic multinucleon transfer processes in the 16O+27Al reaction」をarXivに投稿しました (B.J. Roy et al., arXiv:1707.04164).
2017-05-08 News
論文「Microscopic description of production cross sections including deexcitation effects」をarXivに投稿しました (K. Sekizawa, arXiv:1705.02904).
2017-03-18 Article
論文「Solitonic Excitations in Collisions of Superfluid Nuclei」が学術誌 Proceedings of Science に掲載されました (K. Sekizawa, P. Magierski, and G. Wlazłowski, PoS(INPC2016)214).
2017-03-04 Article
論文「Microscopic Calculations of Vortex-Nucleus Interaction in the Neutron Star Crust」が学術誌 JPS Conference Proceedings に掲載されました (K. Sekizawa, G. Wlazłowski, P. Magierski, A. Bulgac, and M.M. Forbes, JPS Conf. Proc. 14, 010807 (2017)).
2017-02-28 Article
論文「Quasifission Dynamics and Stability of Superheavy Systems」が学術誌 Acta Physica Polonica B Proceedings Supplement に掲載されました (K. Sekizawa and S. Heinz, Acta Phys. Pol. B 10, 225 (2017)).
2017-02-24 News
2017年2月20-24日にオーストラリア・ホバートで開催された国際会議 FUSION17 における若手研究者による最優秀口頭発表として「Paulo Gomes・Valery Zagrebaev賞」を受賞しました.
2017-02-23 Invited Talk
国際会議 International conference on heavy-ion collisions at near-barrier energies "FUSION17" において 「Solitonic Excitations in Collisions of Superfluid Nuclei」という題目の講演を行いました.
2017-02-16 Talk
国際ワークショップ Low-Energy Nuclear Reaction Theory (LENRT) において 「Nuclear dynamics within TDSLDA framework」という題目の講演を行いました.
2016-12-13 Seminar
ワシントン大学において 「Time-Dependent Density Functional Theory for Nuclear Many-Body Problem」という題目のセミナーを行いました.
2016-12-01 News
論文「Novel Role of Superfluidity in Low-Energy Nuclear Reactions」を学術誌Physical Review Lettersに投稿しました (P. Magierski, K. Sekizawa, G. Wlałzowski, arXiv:1611.10261).
2016-12-01 News
論文「Quasifission Dynamics and Stability of Superheavy Systems」をarXivに投稿しました (K. Sekizawa and S. Heinz, arXiv:1611.10117).
2016-11-30 Article
論文「Votex Pinning and Dynamics in the Neutron Star Crust」が学術誌Physical Review Lettersに掲載されました (G. Wlazłowski, K. Sekizawa, P. Magierski, A. Bulgac, M.M. Forbes, Phys. Rev. Lett. 117, 232701 (2016)).
2016-11-17 Seminar
ワルシャワ大学において 「Time-Dependent Density Functional Theory for Low-Energy Nuclear Reactions」という題目のセミナーを行いました.
2016-09-30 Talk
国際会議 XXIII Nuclear Physics Workshop ,,Marie & Pierre Curie'' において 「Solitonic Excitations in Collisions of Superfluid Nuclei」という題目の講演を行いました.
2016-09-21 Talk
国際会議 Quantum Technologies Conference VII - Manipulating photons, atoms, and molecules において 「Topological excitations from the perspective of nuclear physicists」という題目の講演を行いました.
2016-09-13 Talk
国際会議 The 26th International Nuclear Physics Conference (INPC2016) において 「Solitonic Excitations in Collisions of Superfluid Nuclei」という題目の講演を行いました.
2016-08-30 Poster
国際会議 Zakopane Conference on Nuclear Physics において 「Solitonic Excitations in Collisions of Superfluid Nuclei」という題目のポスター発表を行いました.
2016-07-27 Seminar
INT Program INT-16-2b “The Phases of Dense Matter” において 「Microscopic Calculation of Vortex-Nucleus Interaction for Neutron Star Glitches」という題目のセミナーを行いました.
2016-06-29 News
私たちの研究成果 (Phys. Rev. C 93, 054616 (2016)) が,物理学の最新の進展を紹介するウェブサイト Physics Buzz において紹介されました. [Website]
2016-06-23 Talk
第14回宇宙核物理国際会議 “Nuclei in the Cosmos (NIC-XIV)” において 「Microscopic Calculation of Vortex-Nucleus Interaction for Neutron Star Glitches」という題目の講演を行いました.
2016-05-23 Article
論文「Time-dependent Hartree-Fock calculations for multinucleon transfer and quasifission processes in the 64Ni+238U reaction」 が学術誌Physical Review Cに掲載されました. (K. Sekizawa and K. Yabana, Phys. Rev. C 93, 054616 (2016)) また,「Editors' Suggestion」として取り上げられ,論文誌のフロントページに掲載されました.
2016-03-20 Invited Talk
日本物理学会第71回年次大会において,若手奨励賞受賞記念講演 「時間依存密度汎関数法による重イオン多核子移行反応の研究」 を行いました.
2016-01-25 News
論文をarXivに投稿しました.
(arXiv:1601.06656 [nucl-th])
2016-01-08 Seminar
筑波大学において,セミナー 「TDSLDA calculations for vortex-nucleus interaction」 を行いました.
2015-11-30 News
記事をarXivに投稿しました
(arXiv:1511.08322 [nucl-th]).
2015-11-28 News
ページ "研究内容" を更新しました.
2015-10-27 Seminar
イタリアの レニャーロ国立核物理研究所 (INFN-LNL) において,セミナー 「Multinucleon transfer and quasifission processes in time-dependent Hartree-Fock theory」 を行いました. [Website]
2015-10-14 News
第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞(第17回核理論新人論文賞)を受賞しました. 日本物理学会第71回年次大会(於:東北学院大学泉キャンパス, 2016年3月19-22日)において受賞講演を行う予定です.
2015-09-25 Invited Talk
日本物理学会2015年秋季大会 実験核物理領域,理論核物理領域合同シンポジウム “重イオン深部非弾性散乱の基礎と応用” において 「TDHFの現状と新しい反応機構」という題目で講演を行いました.
2015-08-06 Article
論文「Multinucleon transfer study in 206Pb(18O, x) at energies above the Coulomb barrier」 が学術誌Physical Review Cに掲載されました. (B.J. Roy et al., Phys. Rev. C 92, 0244613 (2015))
2015-04-01 News
ポーランドのワルシャワ工科大学(Warsaw University of Technology)に異動しました.
2015-03-25 News
筑波大学大学院 博士後期課程(数理物質科学研究科 物理学専攻)を修了し,博士(理学)の学位を取得しました. また,博士論文の成果が優秀であると認められ,数理物質科学研究科長賞を受賞しました.
2014-12-12 News
2014年8月にフランス・カンの重イオン国立研究所(GANIL)で行われた 2014 TALENT Course #5 "Theory for Exploring Nuclear Structure Experiments" において優秀なプロジェクトを遂行した者に送られる賞を受賞しました.
2014-12-03 Article
論文「Particle-number projection method in time-dependent Hartree-Fock theory: Properties of reaction products」 が学術誌Physical Review Cに掲載されました.
(K. Sekizawa and K. Yabana, Phys. Rev. C 90, 064614 (2014))
2014-10-31 News
平成24年度下期-平成25年度に「京」を中核とするHPCIシステム 利用研究課題として採択されていた我々の研究課題「密度汎関数理論に基づく原子核ダイナミクスの研究」(課題番号: hp120204) が,優れた成果を上げた研究課題として高度情報科学技術研究機構 (RIST) により表彰されました.
2014-09-04 News
論文をarXivに投稿しました.
(arXiv:1409.1083 [nucl-th])
2014-03-12 Article
2014年2月24-28日にIUAC(インド,ニューデリー)で開催された国際会議 "FUSION14" のProceedingsをarXivに投稿しました.
(arXiv:1403.2862 [nucl-th])
2013-12-13 News
2013 TALENT Course #6 "Theory for Exploring Nuclear Reaction Experiments" の優秀参加者として表彰されました.
2013-07-30 Article
論文「Time-dependent Hartree-Fock calculations for multinucleon transfer processes in 40,48Ca+124Sn, 40Ca+208Pb, and 58Ni+208Pb reactions」 が学術誌Physical Review Cに掲載されました. (K. Sekizawa and K. Yabana, Phys. Rev. C 88, 014614 (2013))
2013-03-03 News
論文をarXivに投稿しました.
(arXiv:1303.0552 [nucl-th])

Welcome to My Website! :)


 私は,東京工業大学 理学院物理学系に所属し(准教授),原子核物理学の分野で理論的研究を行っています. 現在は,時間依存密度汎関数法(Time-Dependent Density Functional Theory (TDDFT))を用い,原子核の衝突,中性子星内の量子渦,冷却原子気体など,様々な量子多体系を対象とした研究を進めています.

このページは私個人の研究成果等をまとめたページです.東京工業大学 原子核理論研究室については,以下のウェブサイトをご参照ください.

TokyoTech_logo


最近の研究から